読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神間の冴えない釣り日記

主に釣行記です。

ジグパラでタチウオを釣るなら! アクション編

さてさて、こんにちは。太刀魚が釣りたくてしょうがない、というより釣りに行きたくてしょうがないジグパラ信者のTUREIです。

今日は太刀魚を釣るためのアクションについてお手製の図を用いて説明していこうと思います。

アクション以前に、小話を一つ!

ジグパラに限らず、メタルジグでの太刀魚釣りは日が落ちると極端に食いが落ちます。

これは何故か?

ジグの激しい動きに太刀魚が対応できなくなるからなのです。

というわけで日が落ちるまでの短時間勝負がお勧め。

短時間勝負に打ち勝てるアクションと気を付けることを紹介していきます。

次にアクションについての図を載せるので見て下さい。手書きですよw

ここで、バイトチャンスが最も高い所を5つ選べと言われればどこを選びますか?

ちなみに日暮前、沖にフルキャストした状態と考えます。

f:id:TUREI:20160927003151j:plain

さてさてどうでしょうか?

僕がこうだと思った答えを下にのせますね。

f:id:TUREI:20160927003259j:plain

どうです?

思った通りでしたか?(;'∀')

日暮前ですから、おそらく表層までは太刀魚は浮いていないでしょう。

そうすると底層から中層になりますよね?

ここまでは皆さん、「な~んだ、常識じゃねえか。何偉そうにしてんだよ」

と思うかもしれません。

しかし、回収間際にマークが付いているのを予想できましたか?

さっき、日暮前なら太刀魚はまだそんなに浮いていないだろう、と言いました。

しかし、回収間際でのヒットがあるのは何故でしょうか?

回収間際で釣れるということはもう浮いているのです!

皆さん、底から中層まで探れど探れどアタリは来ない、という経験をしたことはありませんか?

そう、このときはどういう状況かというと、太刀魚はもう完全に接岸しきっているのです。

しかし、まだ日が沈んでいないので浮いてこない。

そんな時です。

ではなぜ回収間際にヒットするのでしょうか?

皆さん、たぶん堤防とか岸壁とかからキャストしていますよね?

それ自体が魚にとっては、障害物であり、ストラクチャーなのです。

どういうことか?

この場合、太刀魚は岸壁あるいは堤防にベイトを追いつめているのです。

青物ならまだしも太刀魚の遊泳力はそんなに高くない。

ですからまだ日が昇っている状態では満足にベイトを捕まえることができないのです。

だから夜行性といえるわけですが、中にはせっかちな奴もおりますので....w

ここまで、アップした図について語ってきましたが今度こそアクションの話へ!

まだ日が沈んでいない状態、この時間はジグが圧倒的に有利な時間です。

この間に差をつけてしまいましょう。

まずは最大の武器を生かして、フルキャスト

そしてネチネチボトムから中層までを探りつくすのです。

舐めまわすようにね?www

.........はい。冗談です。申し訳ありません...............

このボトムから中層をしゃくっている時、ワンピッチジャークの遅め~普通...くらいにしてください。

皆さん、ショアジギングをしている方でしたらハイギアをお使いでしょうから、太刀魚には速過ぎるのです。

また太刀魚がスレで釣れてきたときにも遅くした方がいいかもしれません。

速過ぎて追い切れていない可能性があるからです!

.....と、ここまで書いてきましたが、そのキャストでアタラなかった時、何も意識せずに回収していませんか?

ここがバイトを減らしている一因でもあるのです。

何故なら、回収時には無意識に速くなるものです。

ハイギアの早巻きに太刀魚は追ってこれるでしょうか?

難しいですよね?

回収時のタダ巻きでもアクションしてくれるのがジグパラです。

せっかくの長所を潰してどうするんですか?

ですから回収時は普通のスピードで巻いてあげてください。そして、いつでもアワセできるように気を抜かずにね?

きっとジグパラが太刀魚を連れてきてくれますから!

 

と、今日はここまでです。

読んでいただきありがとうございます。

赤字で下線が入っているところに気を付けてほしいですね。

ではではまた!

 

タチウオ狙いの際のオススメカラーについて記事を書いていますのでどうぞこちらへ!

 

turei.hatenablog.com

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

  ←もしよかったら是非!