読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神間の冴えない釣り日記

主に釣行記です。

釣れない人の問題点!  ~ここを直せば釣れる~ ライトショアジギング

こんにちは。ジグパラ信者のTUREIです。

この記事はライトショアジギングに限らずショアジギングを始めたばかりで釣れない人向けの記事です!  こらソコの君! 君のことだよ!

実は僕もライトショアジギングを始めてから長い間(1年くらい)ジグで魚はつれませんでした。

しかし、ある日突然釣れるようになったのです!

そして、その日を境としてボウズを食らったことはありません!真っ赤な嘘(笑)

f:id:TUREI:20160922201910j:plain

皆さんにはこれから、僕が一定期間釣れなかった原因と思われることを書いていきますので是非見てってください。

1.あまり実績の聞かない所でやっていた.......

これはショアジギングに限らずシーバスなどでも良く言われていることです。

ライトショアジギングに限らずショアジギングではメインターゲットは青物!

青物は実績が無いところでは釣れません!

勿論、実績はあっても少ない所も一緒です。

回遊の全体量が少ない釣り場に行って、始めたばっかりの人がいきなり釣れるようなものではありません。

しかし、だからと言って沖堤防に渡りなさいと言っているのでは無いのです。

陸っぱりでも潮通しの良い所はあるはずです。

僕がライトショアジギングに通っている明石を例に言ってみるとアジュール舞子!

明石海峡に面していて潮通しは最高です。

f:id:TUREI:20160922224301j:plain

しかも朝に限らず昼でも青物が十分狙えます。

と、ここまでアジュール舞子について書いてきましたがここばかり解説していても仕方がありませんので総括を!

青物を釣りたいなら実績がとても多く、潮通しがかなりいいところに行ってください。

初心者が確率の低い所に行けば、宝くじ、とまではいいませんがかなり確率がさがります.........簡単に釣れるような魚ではありません。

タチウオとなれば話もだいぶ変わってきますがこいつも実績の低いところでは釣れない魚です。

2.魚はいる... 周りは釣れているのに自分は釣れない.... こんな時!あなたはしっかりアクションできていますか?

ライトショアジギングに限らずショアジギングをはじめてすぐの人は実際にはアクションが満足にできていない、と言っても過言ではないだろう。と思います。

自分もそうでした!

これは回数を重ねることで直せますが、その間は釣れない、ということになります。

これのせいで挫折した人も多いのでは?

そんな人のために朗報です。

今からアクションが上手にできなくてもそれなりに釣れてくれるジグを二つ紹介しますので是非使ってみてください!

1.ジグパラ

 

これについては別途オススメカラーの記事を書いていますので参考にしてください。

 

turei.hatenablog.com

 

 

turei.hatenablog.com

 

 

turei.hatenablog.com

 

 

turei.hatenablog.com

 2.コルトスナイパー

こいつにタダ巻きをさせると最高です。もちろんシャクリも釣れるので、ストレスを感じることなくシャクリの練習ができます。

おすすめカラーはブルピン。

 

人気が高く釣具店に置いてないことがしばしばあります....w

タダ巻きでも使うならリアフックを付けた方が釣果はあがります。

サイズは#6がいいです。

 

ではでは総括を!

挫折することなくアクションに慣れていくために、タダ巻きでも釣れる!という記載のあるジグがオススメです!

 

 

3.周囲が釣れ始めた時、自分は既に疲れ切っている.....

青物は回遊してくるものですから、回ってこないと釣れません。

逆にいえばこれが「青物の時合い」ですから回ってこれば釣るのは簡単なはずです。

また、この時間を外せば釣れることは無くなります。

ということはこの時間に体力を温存することが必要です。

疲れ切っているとシャクリもまともにできません。

では、時合い以外はキャストしてはならないのか?と言われるとそういうことではありません。

常にフルキャストする必要はない!といっているのです。

フルキャストするのは、以下の場合だけで大丈夫です。

  1. ナブラが射程圏内に入った時。
  2. 潮目が近くにありおなじく十分射程圏内である時。
  3. 時合い到来。群れが回ってきたと分かる時。

これなら時合いに体力を温存できるでしょう?

また、体力のない時のファイトは結構キツイですよw

 

また、ずーっとキャストしていなければならないのか?と言われるとそういうことではありません。

最初に言った通り、十分に実績のあるところで釣りをしているならショアジギングをしている人が何人もいるはずです。

たぶん、その人たちは初心者であるあなたよりも上手いでしょうから回ってきたら確実に釣ってくれるでしょう。

このようにずーっとキャストしていなければならない、ということでは無いのです。

ではでは総括!

時合いに体力を温存しよう!その為に、ある場合を除いてフルキャストしない。またずーっとキャストしていなければならないといううわけでは無く、上手い人のアクションを見に行くのも良し!

 

...............ここまでです。以上のことに気を付けてもらえれば釣れるようになるのは僕よりも早いことでしょう(笑)

 

ではでは

  ←もしよかったら是非!

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ←ポチッとおねがいします。
にほんブログ村