読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神間の冴えない釣り日記

主に釣行記です。

ポートアイランド北公園のサビキ 極意(ちょっと思いついたコト)

あけましておめでとうございます。

ここのところ忙しくなかなかブログの更新ができずに遅れております。

そして1週間ほど前の釣行から得られた教訓を今こうして書いている次第でございます。

さてさて前回の釣行記の続きでありますが、まだ見ていられない方は是非こちらへ。

 

turei.hatenablog.com

 今回は北公園サビキの極意、(ちょっとしたコツ)をお話していきます。

サビキにおいて釣れる確率が高いのは絶対的に内側です。

一部、大アジ狙いなどの飛ばしサビキなどに例外はありますが通常のサビキにおいて内側を捨てることは絶対にしてはなりません。

内側を捨てる者は釣り人にあらず.........   「北公園物語」

平家物語をもじったしょうもなーーーーーーいものです(笑)

また内側といっても東側と西側があります。

個人的にはこの二つに優劣は存在しないと考えますがある状況下において「こちらのほうが圧倒的に有利だ!」となる状況が存在すると考えます。

これは某釣具店のホームページを見てると分かりますね。

また東側、西側どちらにせよ付け根付近が圧倒的に有利であると考えます。

何故か?

上記の二つのことには「風」が密接に関わってきます。

ではしばらく使っていなかったお手製の図を使って解説させていただこうと思います。

東側についての図です。

これは西側にも応用できると考えますので考えてみてください。
上が北です。

青矢印が北風

緑矢印が南風

黄色矢印が西風

赤矢印が東風

です。
f:id:TUREI:20170108231550j:image
どうです?

一目瞭然でしょう(笑)

見にくくてごめんなさい(笑)

岸壁において風が当たる面がベイトが流される面です。流されるという表現は適切か分からないですが…

この図によると内側の堤防の付け根がHOTだということですね。

では西側はどうなのか?

やはり内側付け根ももちろん優秀ポイントですが、せっかく湾曲ポイントがあるので風向きや色々な条件に合わせて釣り座を選べばいいと思いますよ。

 

では皆さん快適なサビキ釣りを!

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ←ぽちっとお願いします
にほんブログ村